1. 門司港レトロ歌詞

「門司港レトロ」の歌詞 谷村新司

2002/1/12 リリース
作詞
谷村新司
作曲
谷村新司
文字サイズ
よみがな
hidden
ときわすれた駅舎えきしゃしに セピアのしず
金色きんいろまる海峡かいきょうに レトロなよる
恋人こいびとたちばしから あいかたころ
バーボンのグラスのむこうに ほしれてちる

なぜかなつかしい はじめてのまち
たび出逢であためわかれのリハーサル

ハヤシライスはあのころまで ぼくもどしてゆく
パンのけるにおいのなか少年しょうねんになってく
いつかきみれてきたいな ふるいアルバムの
七五三しちごさんはかま姿すがたぼく夢見ゆめみまち

汽笛きてきこえる タグボートのおと
ははこえこえたがした このまち

ふたたびこのまちかえってきたときには
きっとこのままのゆるやかな時間じかんきしめて

ときわすれた旅人たびびとには こころやすらぐまち
少年しょうねん時代じだいのなつかしい においにえるまち
ときわすれた旅人たびびとには こころやすらぐまち
少年しょうねん時代じだい僕達ぼくたちかならえるまち