「陽はまた昇る」の歌詞 谷村新司

1979/6/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめけずりながら
年老としおいて ゆくことに
いたとき
はじめて気付きづ
そらあおさに
あのひとおしえられた
無言むごんの やさしさに
いまさらながら なみだこぼれて
いつぶれた そんなよる
はまたのぼ
どんなひとこころにも
あー きてるとは
えながららすこと
冬晴ふゆばれのそら ながれるけむり
かぜ北風きたかぜ

鉢植はちうえの 紫蘭しらんはな
あさあめにうたれ
息絶いきたえだえに
ただ ひたすらに
とおまどそと
もしかして わなければ
別離わかれずに すむものを
それでも明日あす
貴方あなたため
あえておう
“さよなら”と
はまたのぼ
どんな ひとこころにも
あー きてるとは
えながららすこと
はるまだとおかなしむひと
貴方あなたあい

はまたのぼ
どんな ひとこころにも
あー きてるとは
えながららすこと
はるまだとおかなしむひと
貴方あなたあい
はるまだとおかなしむひと
貴方あなたあい