1. はじめの一歩歌詞

「はじめの一歩」の歌詞 谷村有美

1994/12/1 リリース
作詞
谷村有美
作曲
谷村有美
文字サイズ
よみがな
hidden
あさ渋滞じゅうたいも あまりにならなくなった
えき人込ひとごみも まるで マッシュルームみたいで

こころいたはなないよりもつよいもの
ハイヒールのかかとれても平気へいき

はだれるのは いつも化粧品けしょうひんのせいだと
めてかかってた それが一番いちばん原因げんいん

なんにもしないよりも
クヨクヨしないで ほら
まちてたもんじゃない
意外いがいとネ

「はじめの一歩いっぽ」はいつもせないもの A・HA
でもその瞬間しゅんかん やさしくなれる自分じぶんつけるはず

かみりすぎて なやむことなんてないから
いつも前向まえむいて かぜ身体中からだじゅうけよう

かなしいこといつまでも
メソメソしないで ほら
いつかその気持きもちさえも“包容力ほうようりょく=キャパシティ”

「はじめの一歩いっぽ」は “最後さいごのKISSばつ”よりかるく A・HA
理屈りくつじゃないのよ てるものなんて なにいし
素敵すてき自分じぶんさがたびてみよう A・HA
‘はじめは'一歩いっぽで そのうちジャンプしながら
あせらないで

とおくのあかひかり いつのみどりになる

「はじめの一歩いっぽ」はいつもせないもの A・HA
でもその瞬間しゅんかん やさしい自分じぶん気付きづくはずよ
素敵すてき自分じぶんさがたびてみよう A・HA
「はじめの一歩いっぽ」で そのうちジャンプできるよ
約束やくそくする