1. 雪の扉歌詞

「雪の扉」の歌詞 谷村有美

1994/12/1 リリース
作詞
谷村有美
作曲
谷村有美
文字サイズ
よみがな
hidden
今重いまかさねたくちびるから 永遠えいえんだけかんじた
その瞬間しゅんかん あなたのひとみおく
もとめていたものつけた

まどもる粉雪こなゆきたち あま言葉ことばささやく
ゆびいたかさなか 名前入なまえいれた
子供こどもみたい」ふたりでふとわらった

あなたにめぐりえるまで 時計仕掛とけいじかけのこいしてた
すべてが時間通じかんどおりにわり はじまっていたの
さがつづけたぬくもりを ゆきとびらつけたの
ふたりときまった

かぞれぬおもたち しろいきまぎれて
とおやま彼方かなたへと つとき
さむわすはるにおいしてきた

あなたにめぐりえるまで 時計とけいまわりでこいしてた
もる時間ときなか心戸惑こころとまどっていたの
さがつづけたやさしさに ゆきとびらひらいたら
ふたりたどりいてた

うごかないで じてしゃべらないで
しろまるわたしだけをかんじて

あなたにめぐりえるまで 時計仕掛とけいじかけのこいしてた
すべてが時間通じかんどおりにわり はじまっていたの
さがつづけたぬくもりを ゆきとびらつけたの
ふたりときまった

あなただけをどんなときまもつづけることだけを
おもえる自分じぶんのことが いまはとてもいとしい
れのにもあめにも ゆき扉想とびらおもして
ふたりあるいていこう