「KARA-KURI DOLL」の歌詞 豊崎愛生

2011/4/13 リリース
作詞
谷山浩子
作曲
谷山浩子
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしはゆめみるからくりドール 毎時まいじちょうどに 時計とけいなかから
笑顔えがおびだし くるくるまわるの 小鳥ことり子猫こねこ双子ふたごのロバと

あさ8時はちじ夕方5時ゆうがたごじに いつもているひとがいるのよ
あついまなざし つめられると わたしもゆらゆら むねがときめく

だれらない わたしのなかに こんなにえる こころがあると

cu cura pa cu cura まわるわたし
cu cura pa cu cura 世界せかいもまわる

毎朝毎晩まいあさまいばん 姿すがたても かれちかづくことさえできない
せつないおもいで つめているだけ だれたすけて わたしのこい

ある 真夜中まよなか たずねてきたの 魔法使まほうつかいの おたすけおばあさん
人間にんげんむすめえてあげるよ 二度にどともとには もどれないがね

もどることなど のぞみはしない かれのところに ければいいの

cu cura pa cu cura 魔法まほうつえ
cu cura pa cu cura あやしくひか

かれちかづき 言葉ことばをかけた わたしがだれだかわかりますか? と
かれはうなずき なぜだとさけんだ ほんとにきみをあいしてたのに

人間にんげんなんて寒気さむけがするよ きみかえして 人形にんぎょうのきみ

cu cura pa cu cura かれげる
cu cura pa cu cura こころれる

cu cura pa cu cura かれげる
cu cura pa cu cura 世界せかいれる