「GOLD VIBRATION」の歌詞 貴水博之

1997/11/21 リリース
作詞
貴水博之
作曲
Cou-Me
文字サイズ
よみがな
hidden
とりようにはばたいて
さかなようおよいで
野花のばなようられて
あるがままに
たびしたい いつでも

ジャムってるなか
ジャムるあたま
けてはとおれない
大人おとなへのみち
馴染なじめない相手あいて
味覚みかくわせて
笑顔えがおまで いている
自分じぶんがタマラなく きらいだ
とりようにはばたいて
さかなようにすりぬけ
野花のばなようにりりしく
あるがままをたびしたい
カネも よろこびも うそ
おなかわながれてる
気付きづいたいまだからこそ
あるがままで
あいしたい おまえ

未来みらいかろやかに
石段登いしだんのぼ
過去かこへびよう
大地だいち
だれにも
おもいはあるけど
ぬまで
トラワレつづけていちゃ
どこへもけない
とりようにはばたいて
さかなようおよいで
野花のばなようられて
おもうままをたびしたい
ゆめにくしみも あい
おなかわながれてる
気付きづいたいまだからこそ
しんじるまま
あいしたい おまえ

ゆるぎない明日あした
とりようにどこまで
さかなようにすりぬけ
野花のばなようにりりしく
しんじるままたびしたい
ながれゆくかわそこ
真実しんじつかくされてる
わらないものは いつも
ぼくらのなかいきづく
永遠えいえんに…