「エイは育ち、僕はプロポーズに鉄を曲げる」の歌詞 赤飯

2012/4/18 リリース
作詞
家の裏でマンボウが死んでるP(タカハシ ヨウ)
作曲
家の裏でマンボウが死んでるP(タカハシ ヨウ)
文字サイズ
よみがな
hidden
近所きんじょ川辺かわべをうろつきながら
プロポーズの言葉ことばかんがえていた
ようやくれたこの指輪ゆびわ
明日君あしたきみわたるかな

すこつまずいただけのはずだった
てのひらうえひか指輪ゆびわ
これ以上いじょうない的確てきかく角度かくど
こうぎしまでんでった

りにこうにもはしがない
ボートなんていたものもない
およいでわたろうと両足りょうあしれたとき
ていた老人ろうじん

「ここ三途さんずかわだぞ」

そんなレジェンドがこの近所きんじょ
カジュアルにながれてるなんて
こうぎしはあのなのかよ
神奈川県かながわけんだとおもってたわ!

一応近いちおうちかくまでおよいでみたが
ちかづくほどくるしくなっていくし
さらにちかづくと気持きもちよくなる
こうぎしけばぬのだ

それならばと自宅じたくもど
ねむっていた竿ざおってきた
フックじょうはり指輪ゆびわがかかることを
しんじて竿さおるのだ

奇跡きせきしんじて!」

8投連続はっとうれんぞくエイがれた
その奇跡きせきいまいらねぇ
養殖ようしょくならよそでやってよ
さっきおよいだときどこいたんだ!

ってもってもかからず
ちてまたのぼった
マメができつぶれては
ながかたまった
まだ かからない
でも あれは
大切たいせつ指輪ゆびわなんだ

きみ約束やくそくをしてた
きみ時間じかん
ぼくんちにかうきみとおりすがる
つかてたぼく
きそうなぼく
きみすべはなした

散々さんざんなプロポーズ

竿さおをまだろうとするぼく
きみうしろからきしめた
自分じぶんからだつめたさを
ってこころれかけたとき

あちこちにはりたってゆが
づけばっかになっていた
きみはそれをゆびにはめて
わらったままいた

素敵すてき指輪ゆびわをありがとう」