1. ブリキのロビー歌詞

「ブリキのロビー」の歌詞 赤飯

2012/4/18 リリース
作詞
マチゲリータ
作曲
マチゲリータ
文字サイズ
よみがな
hidden
「カチカチ。」っておとった、
鉄製てつせい奥深おくふかくで。
素敵すてきね、錆付さびつかなけりゃ
どんなにしあわせなことか。」
まわらないねじのうらあぶらかわいたように。
だれもいない観覧車かんらんしゃわすれられたのか。

四角しかくぎのパアツがほこりくもる。
必要ひつようとされていたことがもうわかんないや。
とびらが「みしみし。」とおとらすのがこわい。
よるになれば電気でんきい。
星空ほしぞらなか

ギラギラギラ、ブリキのぼく
はしっこから、色褪いろあせてく。
びてきてるアンテナから。
こえないうたがルララ。
ギラギラギラ、ブリキのぼく
ふたりだけのかくれんぼさ。
ゆめたいからねむろう。
鉄屑てつくずだらけのユウトピア。

らー、らー、らー、らー。

メリイゴオランドのおうまさんがうわさする、
あのんでしまったというわるはなし
としり、家族かぞくかこまれ病院びょういん部屋へや
微笑ほほえみながらんだから、つらくはないさ。

ギラギラギラ、ブリキのぼく
わすれさられ、色褪いろあせてく。
あのおなじようににたいなんて
かんがえるの。
ギラギラギラ、ブリキのぼく
ふたりだけのかくれんぼは、
そろそろわりにしてもいいんだって
おもえばわりだ。

ギラギラギラ、ブリキのぼく
いよいよだね、色褪いろあせたよ。
びてしまいうごかない頭両手両足あたまりょうてりょうあしには、
あのまもるための武器ぶき
ペンでいたした名前なまえ
またいたいとねがいましょう、
おもとここにねむる。