1. 故郷の山が見える歌詞

「故郷の山が見える」の歌詞 走裕介

2011/10/19 リリース
作詞
木下龍太郎
作曲
船村徹
文字サイズ
よみがな
hidden
いちど東京とうきょうくといながら
いつもくちだけで ひとり野良仕事のらしごと
けたおふくろの やせたあのかた
さすってあげたい
とうげ えれば おれのふるさと
やまえてくる

ふるさとのやまいて うことなし
ふるさとのやまは ありがたきかな(啄木たくぼく詩集ししゅうより)

けんかしたけれど 何故なぜがあって
どこへくんだと いてくれたやつ
つき縁側えんがわ馬鹿ばかいながら
ふたりでみたい
おさななじみと ともあそんだ
やまえてくる

むらるときは ひとり踏切ふみきりで
汽車きしゃえるまで 背伸せのびしていた
まちよめははとなったいま
しあわせだろうか
こいくした とおいあの
やまえてくる