「昭和縄のれん」の歌詞 走裕介

2015/3/4 リリース
作詞
高田ひろお
作曲
杉本眞人
文字サイズ
よみがな
hidden
ひなびた路地ろじなわのれん
焼鳥やきとり世間せけんのすみで あじわうものと
いもあまいも かみわけた
ちちのこだわり いまわかる

さけとおんなは 二舎にしゃ<ごう>まで
にもつかない 冗談じょうだんって
えばときどき わらいとり
手酌てじゃくのすきな ちちでした

ひとのじゃまにならぬよう
ひとをおしのけきぬよう
つとめてがんこを よそおった
そんなちちが いまもしずかに
んでいそうな なわのれん

はたらきながら いやなこと
ちちはいっぱいあった はずだろうに
ただしく きぬいた
そして昭和しょうわまくをとじ

ちちははとの あいだには
ほんのすこしの 波風なみかぜあった
そんなときには なわのれん
ひとときげる 場所ばしょでした

ひとのじゃまにならぬよう
ひとをおしのけきぬよう
つとめてがんこを よそおった
そんなちちが いまもしずかに
んでいそうな なわのれん

そんなちちが いまもしずかに
んでいそうな なわのれん