1. 男と女の破片歌詞

「男と女の破片」の歌詞 走裕介

2013/7/24 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
かれたらおわおとこおんなより
手枕たまくらのままで なにんにもしないで
ゆびさきをこばこころ裏側うらがわ
かなしいほど きでいればいい
あいなみだ破片かけらになっても
こころにあなたを宿やどして きていけるよう
二度にどこいなど 出来できないくらいに
身体からだのすみまで あなたと すべてえて
あしたなんか もういらない

満月まんげつえる おとこおんなより
口紅くちべにかず ねむりにつかせて
やさしさがげる どんなにかれても
すこはないていればいい
あいわかれの 破片かけらになっても
さびしいあなたは このにひとりきりだから
ゆめつづきが どこかにあるなら
時間じかんてまで あなたの いろえて

二度にどこいなど 出来できないくらいに
身体からだのすみまで あなたと すべてえて
あしたなんか もういらない