「ICHIGAN」の歌詞 越前リョーマ(皆川純子)

2004/7/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どれくらいのとき
ぼくたちははしけて
どれくらいの明日あした
ぼくたちはえがいただろう

はじまりはたよりないほど
なにもない場所ばしょからだった
いま かえればうしろに
ながみちつづいている

一人一人ひとりひとりそれぞれの おもいをあつめて
ひとひとかさねてく
それがおおきなちから
いま ぼくらは ICHIGAN になる

どれくらいの季節きせつ
ぼくたちをとおけて
どれくらいのこころ
ぼくたちはわしただろう

いつだってがむしゃらだった
手探てさぐりの毎日まいにちだった
だれかにささえられていた
だれかをささえていられた

ひとひと大切たいせつおもいをあつめて
一人一人叶ひとりひとりかなえてく
それがおおきなちから
いま ぼくらは ICHIGAN になる

一人一人ひとりひとりそれぞれの おもいをあつめて
ひとひとかさねてく
それがおおきなちから
ひとひと大切たいせつおもいをあつめて
一人一人叶ひとりひとりかなえてく
それがおおきなちから
いま ぼくらは ICHIGAN になる