1. 大きな背中歌詞

「大きな背中」の歌詞 軍鶏

2008/3/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようかれて あせまみれになって
おれまえ親父おやじはたらいている
砂煙すなけむりがる 足場あしばわるところ
いのちけずって 家族かぞくまもっている

そんなものわぬ親父おやじ背中せなか
おれはいつしかづきはじめてた
こんなすぐそばに世界一せかいいちおとこがいたことに

ずっと自分じぶん犠牲ぎせいにしてでも家族かぞく
しあわなによりかんがえてくれた
そんなカッコいいおとこになりたぃ
いつかはあいするひとのため
きてきたい

おれ高校時代こうこうじだい あばれて退学たいがくになって
親父おやじなぐられると おもって自宅じたくかえった
すると親父おやじおれかたをひとつたたいて
なにもしてやれんで わるかったなとあたまげた

そんなものわぬ親父おやじ背中せなか
おれはいつしかづきはじめてた
こんなすぐそばに世界一せかいいちおとこがいたことに

ずっと親父おやじなぐられ反発はんぱつしてきた
それもいまとなりゃいいおも
おれもいつかはあいするひと
めぐひとおやになり
きてきたい

ずっと自分じぶん犠牲ぎせいにしてでも家族かぞく
しあわなによりかんがえてくれた
そんなカッコいいおとこになりたい
いつかはあいするひとのため
きてきたい

ずっと