「たしかなこと」の歌詞 辛島美登里

2012/9/19 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
雨上あめあがりのそらていた とおぎてゆくひとなか
かなしみはえないから ちいさなしあわせに づかないんだろ

ときえてきみあいせるか ほんとうにきみまもれるか
そらかんがえてた きみのために いまなにができるか

わすれないで どんなときも きっとそばにいるから
そのためにぼくらは この場所ばしょ
おなかぜかれて おなとききてるんだ

自分じぶんのこと大切たいせつにして だれかのこと そっとおもうみたいに
せつないとき ひとりでいないで とおとおはなれていかないで

うたがうよりしんじていたい たとえこころきずえなくても
なくしたものさがししにいこう いつか いつのつかるはず

いちばん大切たいせつなことは 特別とくべつなことではなく
ありふれた日々ひびなかきみ
いま気持きもちのまゝで つめていること

きみにまだ 言葉ことばにして つたえてないことがあるんだ
それは ずっと出会であったから きみあいしているということ

きみそらてるか かぜおといてるか
もう二度にどとこゝへはもどれない
でもそれをかなしいと けっしておもわないで

いちばん大切たいせつなことは 特別とくべつなことではなく
ありふれた日々ひびなかきみ
いま気持きもちのまゝで つめていること

わすれないで どんなときも きっとそばにいるから
そのためにぼくらは この場所ばしょ
おなかぜかれて おなとききてるんだ

どんなときも きっとそばにいるから