「プロミス・タワー」の歌詞 辛島美登里

1996/1/31 リリース
作詞
Midori Karashima
作曲
Midori Karashima
文字サイズ
よみがな
hidden
ちいさなかりのつぶが ひしめきあう都会とかい
ただひとつのあい出逢であえる 不思議ふしぎ───

何故なぜだろう? 一度いちどったことない
夕暮ゆうぐれ タワーで ちあわせしよう

ゆっくりと ゆっくりと びてくエレベーター
ガラスしに まちひろがる

ちいさなかりのつぶが ひしめきあう都会とかい
ただひとつのあい出逢であえる 不思議ふしぎ
苦手にがてだったの? あなたがあしをすくませている
らなかった にぎるわ だから もうすこそらちかづこう

大人おとな子供こども同居どうきょしている
自分じぶん時々ときどき もてあましてる

まっすぐに まっすぐに あるいてるつもりで
いつのまにか 迷子まいごになってる

いろんなこころいろかさなりあう毎日まいにち
なみださえも 無駄むだではないと、るの
きだ…」と素直すなおえる わたしえてくれた
それがすこし シャクだけどね いまはるをつかまえたい、あなたと

ゆっくりと ゆっくりと あいそだてたいの
時間ときはやさ まどわされずに

いろんなこころいろまれてはえてゆく
やさしいかぜ 夜空よぞらかぶ タワー
きだ…」と素直すなおえる わたしがうれしいから
約束やくそくして、はるがくるだび ここで なにかをみつけよう、あなたと