「メトロの朝」の歌詞 辛島美登里

1995/2/22 リリース
作詞
辛島美登里
作曲
辛島美登里
文字サイズ
よみがな
hidden
蛇口じゃぐちけた地下鉄ちかてつ オフィスヘそそ
シグナル ねぼけまなこに「ス・ス・メ」とうの
キャリアをんで 仕事しごとつづけるだけで
「クールでタフなおんな」とばれてしまう

昨日きのう 突然とつぜん ロビーでさそわれた そのとき
わせでもするように 手帳てちょう予定よていれたけど

あなたがきだった
わたしづく ずっとまえから
その横顔よこがお その背中せなかをみていた……
たたみかける毎日まいにち
あさがやさしくなったのは
ビルの迷路めいろにみつけた わたしだけの元気げんき

いまなら こい本気ほんきになれるがする
いまさら こい失敗しっぱいするのもこわ

デートのときまで 仕切しきったり まわしすぎたり
大事だいじときかぎって 自分じぶんがうまくせないの

あなたがきだった
エレベーターに そっとまぎれて
その風邪声かぜごえ その吐息といきもきいてた……
やりきれない その
一緒いっしょにくぐりぬけること
なにもできない わたしのあなたへおく元気げんき

あなたがきだった
わたしづく ずっとまえから
その横顔よこがお その背中せなかをみていた……
みえない運命いといだかれ
この都会まちささえられてる
こころれる予感よかん明日あしたからの元気げんき