「夏色物語」の歌詞 辛島美登里

1991/9/25 リリース
作詞
Midori Karashima
作曲
Midori Karashima
文字サイズ
よみがな
hidden
夏色なついろ物語ものがたり
ひきしおがつれまえ
けだしてしまいたい
裸足はだしのままの恋心こいごころ
つきひかりが やけたあなたの
背中せなかをそっと およいでる
ねむれないのは
海鳴うみなりじゃなく
あなたのらす
吐息といきのせい
言葉ことばにすれば なにかが
こわれてゆきそう
つよいたら くほど
ゆびのすきま すべりちる
すなのようね あい
夏色なついろ物語ものがたり
うみのインクできつづる
潮騒しおさい首飾くびかざ
さざなみはもううたわない

しかってほしい どんなわたし
見逃みのがさないで みちびいて
ゆるしてほしい
どんなあやまちも
つつみこむように
見守みまもって
うではなせば このまま
えなくなりそう
だからぎゆく季節きせつ
とめて とめて
ひとりきりで
何処どこへゆくの あい
夏色なついろ物語ものがたり
ひきしおがつれまえ
けだしてしまいたい
裸足はだしのままの恋心こいごころ
裸足はだしのままの恋心こいごころ