「平凡」の歌詞 辛島美登里

1995/2/22 リリース
作詞
辛島美登里
作曲
辛島美登里
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたをみた かぜのまんなかで
右肩みぎかたげぎみに あるくせ
うれしそうでも つらそうでもなく
ただ すこしだけ つかれて

並木道なみきみちこうからくるバス
むあなた りむいた……

なにわないで なにわないで
づいても 人違ひとちがいにしておいて
なにわないで そうよわないで
わたしゆめをみたと しんじるから

わらないの このふるまち
永遠えいえん季節きせつをくりかえして
あきった イチョウもはるには
やわらかなを やどすわ

家族かぞくあかりへびるかげ
それを"平凡へいぼん"とおもわない……

なにわないで なにわないで
れないでいいあいだって あるはず
なにわないで そうよわないで
すべうしな勇気ゆうきがないのなら

一番いちばんきなひととは むすばれないと、ってる
けとめて さからわないで 風景ふうけいみたいに きたいの

なにわないで なにわないで
やさしいうそも あぁ ときにはついて
なにわないで そうよひとみまえ
空気くうきのようなあい大事だいじに、して
空気くうきのようなあい大事だいじに、して