「流されながら」の歌詞 辛島美登里

1994/5/25 リリース
作詞
辛島美登里
作曲
辛島美登里
文字サイズ
よみがな
hidden
さらさらとわかれの Kiss をするより
いつまでも みつめあう ひとみしい

改札かいさつで もいちど いたとき
あなたもう ないのがかなしかっただけ

最終さいしゅう時間じかんおくれてこまるのは わたしじゃ、ない
何故なぜいそいでるの?なにったの? 一人ひとり電車でんしゃ

ながされながら ながされながら わたしきてる
あなたをずっと あいせるかしら? 約束やくそくできないまま

せつないよるはげしいあめはいつまでつづくの
つかんだこいこわせないこと 一番いちばんってるのは、わたし

くるくると何度なんどこいはしたけど
おな場所ばしょでつまずいてしまうのは何故なぜ?

おもいきりはしゃいだあとのしずけさ
さわれない 孤独こどくを あなたもってる

かえ毎日まいにち ためらうそのゆびかさねてみて
だれにもはなせない だれかにつたえたい ゆめむねにあるでしょう?

ながされながら ながされながら わたしきてる
大好だいすきだった友達ともだちにさえ 返事へんじけないまま

せつないよるはげしいあめは いつまでつづくの
わたしえるしあわせになる かぎっているのは、わたし

ながされながら ながされながら わたしきてる
あなたをずっとあいせるかしら? 約束やくそくできないまま

ながされながら ながされながらわたしきてる
大好だいすきだった 友達ともだちにさえ 返事へんじけないまま

せつないよるはげしいあめは いつまでつづくの
わたしえる しあわせになる かぎっているのは、わたし