「爪の月」の歌詞 辛島美登里

2003/2/26 リリース
作詞
Midori Karashima
作曲
Midori Karashima
文字サイズ
よみがな
hidden
だれらないべつわたしをあなたにせたい
ばしたつめがまるでほそつきのよう
みんなとはしゃいでるけどはやひとりになりたい...
そんなわたしのこと あなたずっとていたの?

きなさい、ここで。 つき二人ふたりさそいかける
ねむりなさい、あおひかりかぶくものベッド
時計とけいはりになってせつないよるをこえよう

うしなうことをおそれているの?でもこの都会とかいには
永遠えいえんなどないのよ ゆめゆめのまま
いいときだけね わるくなったらとおざかる足音あしおと
そっとこえをかけてくれたひとはあなただけ

けないの、なみだは、もっとかなしいときのために
ねむれない、こころは、はなすスキにわってゆく
マニキュアかわかしてる 二人ふたり未来みらいうつして

となりにいないのが不思議ふしぎになってく
あいはもう ひざのうええるおとぎばなし

きなさい、ここで。 つき二人ふたりさそいかける
ねむりなさい、あおひかりかぶくものベッド
時計とけいはりになってせつないよるをこえよう