「Two of us」の歌詞 辛島美登里

1999/12/8 リリース
作詞
辛島美登里
作曲
辛島美登里
文字サイズ
よみがな
hidden
とおくへくのがわたしのせいなら
毎日まいにちだってあやまるわ
えなくなったねこのようにわたし
月夜つきよほうげられた

それからはもう無我夢中むがむちゅう
仕事しごとでもほめられるほど
でもまだわすれてはいない

ショックといたみにはいつも時差じさがある
ほんとにかなしくなるのは
日常にちじょうもど
49にちすぎからだと友達ともだちった

なんていい天気てんきなの今日きょう
まりむねさえた
あぁいきをするのがくるしい

いまはまだ未定みてい
なみだをみせずに
められたことこなすだけで
まわされる日々ひび自分じぶんささえてもらってるよ
あなたをわすれたい
あなたをしたい
だけどほんとはいたい
世界中せかいじゅうめぐりあえた ただひとつのTwo of us

なにかしてないとおかしくなりそうで
あなたに手紙てがみいてる
うらことじゃなく感謝かんしゃ気持きもちを
ちがうな…なにかがちが

こわゆめだってかまわない
わたしよりさきえないで
こので あなたにれたい

ペンをまわくせ
ほんをめくるおと
となりにあなたがいるようで
おもがからみつくこのもりはやしたい
あなたをわすれたい
あなたをえたい
だけどもう一度いちどえたら
友達ともだちだってかまわないっていそうだよTwo of us

出会であったことも
さとしれたことも
ついやしたなが時間じかん
意味いみがあったと無駄むだではないと
しんじられるはいつだろう

心配しんぱいしないで
はしゃぐなかにいると
つられて微笑ほほえときもある
あなたのめる場所ばしょあたらしいなにかがそだっていく
そのうちわすれる
そのうちわれる
だれきそいあうこいじゃない
あぁよかったとあくびをしてわるそれがTwo of us