1. haru.歌詞

「haru.」の歌詞 辛島美登里

2003/2/26 リリース
作詞
Midori Karashima
作曲
Midori Karashima
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたにはわからないことがある あいしあっていても
どうしてもいたくないもある かがみまえ

いつからだろう?使つかわなくなった
しをのぞいたとき
くしたものがつかるような
ぬくもりにつつまれて

はるそらながめてあるいた
ときはりもど
ふる写真しゃしん ふくよかだった
子供こどもころ おもして

きだったみち ふくらむつぼみ やさしいひと
いつもわたし まもられてた

ぼくのこときじゃない?!」そうじゃない そのかえしが
おもたくて また傷付きずつけあいそうで 不安ふあんになる

おとこおんな 季節きせつのように
はぐれてももどれたら...

はる苦手にがて」あなたの言葉ことば
何故なぜすこしホッとした
無理むり他人たにんにあわせないでね
そこがきなわたしだから

花冷はなびえのまち ながみちのり あなたがいて
たぶんわたし すくわれてる

はるそらながめてあるいた
ときはりもど
無理むり他人たにんにあわせないでね
そこがきなわたしだから

夕映ゆうばえのはし いつくように ならんだかげ
たぶんわたし あなたとなら うまくやれる