「流れ星」の歌詞 辺見えみり

1996/9/21 リリース
作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくにしかえない地図ちず
ひろげてひとりでてた
げたときにはもう
太陽たいようしずんでいた
つくりかけのおおきなまち
七色なないろのケムリのなか
からないきみ言葉ことば
つつがみからしている
ながぼし ながぼし
すぐにえちゃう
きみきで
ながぼし ながぼし
本当ほんとう神様かみさま
おなかおぼく窓辺まどべ
あらわれても

きみこころなか
ムカデにかみつかれた
ひからびかけていたぼく
明日あしたえたがした
だれかをにくんでたことも
なにかにおびえたことも
全部ぜんぶかすんじゃうくらいの
しずかなよる
かんでいたい
ながぼし ながぼし
すぐにえちゃう
きみきで
ながぼし ながぼし
本当ほんとう神様かみさま
おなかおぼく窓辺まどべ
あらわれても