「エーアイ」の歌詞 近藤晃央

2013/6/26 リリース
作詞
近藤晃央
作曲
近藤晃央
文字サイズ
よみがな
hidden
たものをえないふりをして
窮屈きゅうくつなのに「隙間すきまがまぁひろい」
わるいのはだれ?なんてただすのに、こたえるすべは「自答じとう」しかない
"Happy!"なんてかれても結局けっきょくさ、プラスにマイナスはもの
ただ不幸ふこうかんじない時間じかんも「しあわせ」とべるかもからずに

嫌味いやみえばりがない こんな世界せかい出逢であってしまった
大切たいせつひとはきっとそう みずのない場所ばしょいたはな
きらい」をれば「き」あやつられた相対性理論そうたいせいりろん
ただそれすくえる「居場所いばしょ」をこの世界せかいつくっていた

たとえ他人たにんに「ふっ」とわらわれてもいいや
きみてくれるならぼくは「それがいい」んだ
りないものだってしいものだって
ここにあるものだって全部君ぜんぶきみなんだ

出来できないままを正当化せいとうかするほど上手じょうずきられちゃうのは本能ほんのう?
遠回とおまわりしないように、と見定みさだめるようにあるかないまま
なに出来できないたびに「なにうしなわずにんだ」を
なに出来できないたびに「出逢であうべきもの」をうしなっていくんだろう

なにもしなきゃきずつかない」はなたび自分じぶんきずつけた
すべて悲観ひかんしてしまうほど 出逢であったのはかなしみだけじゃない
たった1つなにちがえば たった1人失ひとりうしなっていた
そのわりにえたものなど 想像そうぞうもしたくないんだよ

たとえ他人たにんに「ふっ」とわらわれてもいいや
きみてくれるならぼくは「それがいい」んだ
わらないのはいや。でもこのままがいいや
きみわらない」ためぼくわれるんだ

きらいなものを いつもいつも「きらい」とらすより
きなものを いつもいつも「き」とえたら
そのほうぼくら ずっとずっとしあわせなんだ
他人たにんわらわれるくらいわらっていよう

たとえ他人たにんに「ふっ」とわらわれてもいいや
きみてくれるならぼくは「それがいい」んだ
りないものだってしいものだって
ここにあるものだって全部君ぜんぶきみなんだ

ぼくたずねる
ぼくこたえる
ぼくてくれるならぼくは「それがいい」んだ