「幸福論」の歌詞 近藤晃央

2013/6/26 リリース
作詞
近藤晃央
作曲
近藤晃央
文字サイズ
よみがな
hidden
近道ちかみちばかりさがしてもつかったのはいままでとおなみち
さがしていたそのぶん 本当ほんとうはもっともっとあゆんでゆけたのに

一緒いっしょられない時間じかんが いつも不安定ふあんてい仕方しかたないんだ
このときごし方次第かたしだいで もっともっと大切たいせつにできたのに

きみ出逢であえたからまれた かなしさがあるけど
そんなおもいさえも しあわせなのかな

"いたい" さえ おもわないくらい
いつもそばには られないけど
えないとき「いたい気持きもち」が
しあわせな時間じかんでいられるように
不安ふあんじゃありませんように

おもいが言葉ことばになるまえに いつでもきみにひとつつたえたいな
でもつたかたがわからなくて ただおもいがつのるだけなんだ

きなのにかなしい かなしさはきじゃない
しあわせもあふれてたのに なんでわすれちゃうんだろね

はなして のこぬくもりめないうちににぎかえしてよ
言葉ことばだけ がつなぐものなど この一夜いちやさえもえられないんだ
いま きみいたいんだ」

しあわせの定義てぎみたいなものが どこかのだれかとちがっていたら
きっとそのだれかは ぼくらを不幸ふこうぶかもしれないけど

きみぼくえがいた幸福論こうふくろん いまはまだずっと進化論しんかろんだけど
きみいたいいたい ぼくらだけの幸福論こうふくろん
でもえないえない えるまでのSing a long

きみいたい」