「運命共同体」の歌詞 近藤晃央

2013/6/26 リリース
作詞
近藤晃央
作曲
近藤晃央
文字サイズ
よみがな
hidden
おな個体こたいじゃなくたって ちがいがいくつもあったって
その「ちがい」なくして
この出逢であいが、ひとつになることなどなかった

おもいを言葉ことばにしてつたえられない
もどかしさもつたえられたのなら
ぼくらがつ「ちがい」は
はなれる理由りゆう」じゃなく
一緒いっしょ理由りゆう」になるから

ことなるものはえたりするのに
おなじものはいつもたしかめって
ちがってもいい。でも、一緒いっしょがいい。
だってぼく運命共同体うんめいきょうどうたい

ずっと 何度なんどわかりったって 何度なんどわかりえなくたって
そのたびきみりたい もっと
おな個体こたいじゃなくたって ちがいがいくつもあったって
その「ちがい」なくして
この出逢であいが、ひとつになることなどなかった

あい」のさきに「きみ」がたんじゃなくて
きみ」のさきに「あい」があった
ちがいと出逢であたがいをおもい それも自分じぶんおもえたんだ
だってぼく運命共同体うんめいきょうどうたい

きみちがってかった
個体こたいならつめえなかった
おなじ」じゃなくて「一緒いっしょ

ずっと 何度なんどわかりったって 何度なんどわかりえなくたって
そのたびきみりたいもっと
おな個体こたいじゃなくたって ちがいがいくつもあったって
その「ちがい」なくして
この出逢であいが、
このおもいが、
ひとつになることなどなかった