1. hitoshe歌詞

「hitoshe」の歌詞 近藤晃央

2013/9/4 リリース
作詞
近藤晃央
作曲
近藤晃央
文字サイズ
よみがな
hidden
大切たいせつにできなかった以上いじょう大切たいせつだったことをった
あいしてくれたこと以上いじょうあいしていたことにいていた

きみひかり ぼくはそれにらされたかり
れた あのらされるつきのように

きずつけてきたひとまもりたかったひと
どうしてか どうしてか おなじでした

きみえない このきみえた この
どうしてか どうしてか おなじでした

なにかをんでゆくはし なにかがえてゆくはし
ずっとそのまんなかえることのないひかり

ひとり ひとり いつのにかそれは ふたり
れたそのほほに もうなみだこぼれぬように

きみぶだけで きみこえくだけで
どうしてか どうしてか しあわせでした

きしめたぬくもりが かさなる鼓動こどう場所ばしょ
どうしてか どうしてか おなじでした

つたえてくれた言葉ことば
つたえたかった言葉ことば
ありがとう ありがとう
おなじでした

いとしい くるしい むすび、うれしい かなしい むす
まぶしい くらむすび、おもおもむす