「アンダルシアに憧れて」の歌詞 近藤真彦

1981/11/10 リリース
作詞
真島昌利
作曲
真島昌利
文字サイズ
よみがな
hidden
アンダルシアにあこがれて
バラをくわえておどってる
地下ちか酒場さかばのカルメンと
今夜こんやメトロでランデブー
ダークなスーツに
着替きがえて
ボルサリーノを
イキにきめ
いかすクツをはいたとき
電話でんわがオレをめた
受話器じゅわき
こうがわでボス
こえをふるわせながらボス
ヤバイことに
なっちまった
トニーのやつがしくじった
スタッガーリーは
うのさ
今夜こんや みなと決着けっちゃく
禁止きんし波止場はとば
第三倉庫だいさんそうこ8時半はちじはん
だれ彼女かのじょ
つたえてくれよ
ホームのはじで
まってるはずさ
ちょっとおくれるかも
しれないけれど
かならくからそこで
ってろよ

がくぶちのウラの金庫きんこ
かくしたコルトをとりだす
オレの
ふるえてるのは
なにもこわいわけじゃないさ
コルトはオレの
パスポート
くろくてかたいパスポート
スタッガーリーのあたま
こいつを
ブチんでやるさ
タクシーでみなとくと
ボスたちあおざめていた
あやしい気配けはいづくと
オレたちかこまれていた
暗闇くらやみからマシンガンが
あざけるように
いた
ボルサリーノは
はじけ
コンクリートに
キスをした
だれ彼女かのじょ
つたえてくれよ
ホームのはじで
まってるはずさ
ちょっとおくれるかも
しれないけれど
かならくからそこで
ってろよ

はげしいいたみがからだ
電光石火でんこうせっかにつらぬき
はみだしものあか
カラッポの世界せかいめる
うすれていく意識いしきのなか
オレはカルメンとおどった
アンダルシアのあおそら
グラナダのうたこえた
だれ彼女かのじょ
つたえてくれよ
ホームのはじで
まってるはずさ
ちょっとおくれる
かもしれないけれど
かならくからそこで
ってろよ
かならくからそこで
ってろよ