「夕焼けの歌」の歌詞 近藤真彦

1989/2/3 リリース
作詞
大津あきら
作曲
馬飼野康二
文字サイズ
よみがな
hidden
“あばよ”と
このらずに
したガラクタのまち
あんなににくんだすべてが
やりきれず
しみるのは何故なぜ
あこがれたゆめさえ
まだむくわれずに
人恋ひとこいしさにけば…
ゆらゆらと
ビルの都会まちひろがる
あのころおな夕焼ゆうやぞら
クソらえとただ
アスファルトりつけ
ああ春夏秋はるなつあき…と

この都会まち だれむか
まただれ
すのだろう
はじめてこいしたおまえ
おれきと
ったのに
にぎりしめた こぶしが
空振からぶりするたび
なにたからえば…
ゆらゆらとおれ
ほほきつく
あのころおな夕焼ゆうやぞら
土下座どげざしたいほど
あいしいだけ
ああ春夏秋はるなつあき…も

Oh 弱虫よわむしなみだ
こぼれないように
そら見上みあある
ゆらゆらと
ビルの都会まちひろがる
あのころおな夕焼ゆうやぞら
クソらえとただ
アスファルトりつけ
ああ春夏秋はるなつあき…と
ゆらゆらとおれ
ほほきつく
あのころおな夕焼ゆうやぞら
土下座どげざしたいほど
あいしいだけ
ああ春夏秋はるなつあき…も