「夢絆」の歌詞 近藤真彦

1985/6/5 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
鈴木キサブロー
文字サイズ
よみがな
hidden
コンクリートの
みなとにひとり
なみだったバーボン
にがいね
っちまうには
まえらした
歳月重つきひおもすぎる…
さむなつだね
やるせない
幕切まくぎれさ
ふね汽笛きてきにおまえがふさぐ
みみきだよって
さけんだけど
とどかないのは
こころおなじさ
かなしいをして
「ごめんね…」と胸叩むねたた
いたひと
Baby 青春せいしゅんってやつは
あおきずきた
あかしなのか
あい破片心かけらこころいたいよ
Baby くしてはじめて
ひとしあわせの意味いみ
るんだね
これきりもう
えないのかい
せつないぜ… せつないぜ

嘲笑わらいなよおれ
あいしたおんな
なにもしてあげられぬおとこ
からのポケット
ゆめしかないから
なみだでこさえた
ダイヤモンド
せめてもの
はなむけさ
Baby おとこおんな夢絆きずな
ガラスのいとだねもろくて
こわれたとき とげにもわるよ
Baby けたおまえ
おれのまぶしい
青春せいしゅんだったよ
しあわせに はぐれたら
かえりなよこのむね
せつないぜ…
せつないぜ…
せつないぜ… せつないぜ…
せつないぜ…