1. 悲しみが瞳にしみる歌詞

「悲しみが瞳にしみる」の歌詞 近藤真彦

1989/8/1 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
J.J.Stanley
文字サイズ
よみがな
hidden
九月くがつ地平線ちへいせんさる飛行機雲ひこうきぐも
逆光ぎゃっこうならんだかげ
そらあおいだまま
だまむたびにかなしさがふかくなるね

他人ひとおもうほどにつよくはないから
なみだかくしたサヨナラなど
えやしないさ

ゆめられなかった自分じぶんぶんまで
ゆめてねと
ふるえるこえ背中せなかしたよ

かなしみがにしみる
おれこころめぬよう
ひとりおまえかみだまってったのさ

理由わけさえらずにただ反抗いらだってきてた
あのころまえなしじゃいられなかったよ
なにをあやまればいいのだろう
あいてて

おとこらしさという馬鹿ばかげた呪文じゅもん
しばられてたおれいてくれたね
やさしいひと

心配しんぱいいらないよと微笑ほほえんだままで
うつむくせつないしろいうなじ
あき気配けはい

かなしみがにしみる
そらえてく飛行機雲ひこうきぐも
さびしくなる…」と最後さいごにそっとつぶやいた

かなしみがにしみる
きたいくらいいいひとすぎて
背中せなかけるよ
かなしみがにしみるから