「最後のラヴ・ソング」の歌詞 近藤真彦

1995/7/21 リリース
作詞
工藤哲雄
作曲
白井良明
文字サイズ
よみがな
hidden
まちじゅうのゆめをさらって
けていくかぜなか
きしめたぬくもりに
やっと目覚めざめた

なぜこんなこといままで
づかずにいたんだろう
いとしさがつのるほど
きっとやさしくなれる

別々べつべつゆめ
いつかちがったけれど
これからはきみにだけ
人生じんせい使つかいたいから

きっと最後さいごのラヴ・ソング
だれにもうたえない
きみのほかのだれかを
こんなにあいせない
もうなみだ傷跡きずあと
このねむらせて

微笑ほほえんだきみはまぶしく
季節きせつさええるだろう
たびほこ
もっと もっと素敵すてき

もう二度にどはなさない
みてるだけのいとしさより
がむしゃらにまもりたい
そんなおもいがすべて

もっとはるかなラヴ・ソング
すべてをえて
どんなうそもないのさ
こころのままだから
もうなみだ傷跡きずあと
このねむらせて

もうなみだ傷跡きずあと
しずかにねむらせて