「BANKA ~男たちの挽歌~」の歌詞 近藤真彦

2008/12/23 リリース
作詞
伊集院静
作曲
Nenad Kokovic,Enver Memis
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしみを背負せおって
きるのがおとこ
ともかぜにはなれたのか
もう一度いちど きても おまえとあるこう
それが おれたちのきずな
夢語ゆめがたりに おまえはった
きるは一瞬いっしゅん つかのだと
とも今夜こんやは グラスをかかげ
おまえのために BANKAをうたおう

なみだせずに
きるのがおとこ
ともかぜならどこにいる
もう一度いちど いたい おまえをさがそう
今日きょうまちをさすらおう
おまえと二人ふたりなら たとえ
きるが一瞬いっしゅん つかのでも
とも今夜こんやは グラスをかかげ
おまえのために BANKAをうたおう

夢語ゆめがたりに おまえはった
きるは一瞬いっしゅん つかのだと
とも今夜こんやは グラスをかかげ
おまえのために BANKAをうたおう