「君の好きなのはあの頃の僕」の歌詞 近藤隆

2008/9/3 リリース
作詞
山田ひろし
作曲
吉山隆之
文字サイズ
よみがな
hidden
えないワケじゃなくて
なんとなくいたくないだけさ
きみづいてないね
昔話繰むかしばなしくかえしてること

ほら、またひとつ
ほら、もうひとつ
あのころぼくらのこと
わざとぼくめてるのなら
もういいよ、
サヨナラ

きみきな ぼくじゃいられなくなってた
うそはつけない
もう、無邪気むじゃきなままのこいすわって
わらっていられない

わったよね。」
そうきみはどうしても われないの?
砂時計すなどけいちる
きっと 最後さいごのひとつぶがいま

仕事しごとむずかしさや
スーツの意味いみかってたし
学生がくせいていると
バカさ加減かげんあきれてしまう

ほら、またひとつ
ほら、もうひとつ
いままでのぼくえる
そんなぼくきじゃないなら
もういいね、
サヨナラ

きみきな きみでいつづければいいさ
ぼくりるよ
まだ、きなんだけど
それだけじゃもう
わらっていられない

友達ともだちには
ぼくをどんなわるいヤツにしてもいいよ
砂時計すなどけいちる
きっと 最後さいごのひとつぶがいま

サヨナラ