1. オレルナココロ歌詞

「オレルナココロ」の歌詞 逗子三兄弟

2014/7/23 リリース
作詞
逗子三兄弟
作曲
逗子三兄弟
文字サイズ
よみがな
hidden
わらわれようと けなされようと ゆめつづけるノートは
きっと10年後ねんご 20年後ねんご かけがえのないモノへとわる
ただきなぐったゆめ欠片かけらたちがつながってつくるんだろう その未来みらい
いつか物語ものがたりえるそのときまで 何度なんどだってなおせばいいさ

なやこと まよこと すぐにこたえなんてないこと
つらこと イヤなこと こころられるようなことから
まること げること げること簡単かんたんだけれど…
もうすこしだけしんじよう 自分じぶんこと

さないで さないで そのこころえるほのお
うつむいたキミにかせたいうたがあるんだ
世界せかいえることができるわけじゃないけど
キミとわらい キミとことくらいなら ボクにも出来できるから

つぶしたスニーカーのぶんだけまえすすめるとはかぎらない
「なんで自分じぶんだけ…」ってちょっとクサって
不安ふあんけそうなもあるだろう
だけど背中せなかに"家族かぞく"まわりには"親友しんゆう"となりには"大切たいせつひと"
たとえ神様かみさまなんていなくても ちゃんとささえてくれるひとがいる

なやとき まよとき すぐにこたえなんてないとき
つらとき イヤなとき こころれてしまうとき
えたとき えたとき さずにえたとき
はじめてむねれるとき

わないで わないで まだあきらめの言葉ことばなんて
けそうなキミにかせたいうたがあるんだ
ねがいをかなえることができるわけじゃないけど
キミとわらい キミとことくらいなら ボクにも出来できるから

くな そこに未来みらいはないさ
大丈夫だいじょうぶ けないよるはないさ
自分じぶん次第しだいだって ほらだれにだって あのそら平等びょうどうひかりをくれるから

だれかのせいにしたって 時代じだいのせいとなげいてたって
西にしぞら太陽たいようのぼらないんだよ
さぁ その いまぞらばして とどかなくてもそらばして
その景色けしきつかるんだ

さないで さないで そのこころえるほのお
うつむいたキミにかせたいうたがあるんだ
世界せかいえることができるわけじゃないけど
キミとわらい キミとことくらいなら ボクにも出来できるから