「真夏のさよなら」の歌詞 逗子三兄弟

2012/6/27 リリース
作詞
逗子三兄弟
作曲
逗子三兄弟
文字サイズ
よみがな
hidden
またなつるたびに オマエのことおもすのだろう
わすれられないくらいこいをした
二度にどもどれない...“暑過あつすぎたなつのさよなら”

ゆめなかでも オマエはわかれをげた
すべくなった気持きもちになり めた
それでもわらずに 今日きょう一日いちにちはじまる

なみだあとかくようかおあらって
無理むりやり仲間なかままえではわらってバカをやっていても
花火はなびおと”も...“なみおと”も...この“あつさ”も...おもさせるんだ
なつ一番好いちばんすきだったオマエを

...ずっとわすれられない わすれたくないひとがいるんだよ
オマエのやさしさも オマエのぬくもりも
はなれてづくオレはバカだな...
...ずっとわすれられない オレにとったらわすれたくないこいなんだよ
たせてない約束やくそくのこってるけど
しあわせになるよ...しあわせになれよ...? さよなら...

はじめてちいさなにぎって つよきしめたのも
最後さいご瞬間しゅんかん はなして オマエのこと見送みおくったのも
おもまった“夕焼ゆうやけのうみ”だった
オマエとは もう二人ふたりることはないんだな...

あのころにはもうもどれないから まえかなきゃいけないけど...
このさき こいをして だれかをあいしても
きっと... ずっと... オマエは特別とくべつなんだろう

...ずっとわすれられない わすれたくないひとがいるんだよ
オマエのやさしさも オマエのぬくもりも
はなれてづくオレはバカだな...
...ずっとわすれられない オレにとったらわすれたくないこいなんだよ
しあわせになれよ”とねがってるけど
オレがとなりにいたかった そのとなりにいたかった いまでも...

あのとき「あぁすればよかった...」「もっとこうしとけばよかった...」って
いまさら後悔こうかいをしてももどせない時間じかん
なんで今頃気いまごろきづくんだろう...こんなにもオマエをきなこと

...ずっとわすれられない わすれたくないひとがいるんだよ
オマエのやさしさも オマエのぬくもりも
はなれてづくオレはバカだな...
...ずっとわすれられない オレにとったらわすれたくないこいなんだよ
たせてない約束やくそくのこってるけど
しあわせになるよ...しあわせになれよ...? さよなら...

二度にどもどれない...“あつすぎたなつのさよなら”