「17歳の夏」の歌詞 逗子三兄弟

2014/7/23 リリース
作詞
逗子三兄弟
作曲
逗子三兄弟
文字サイズ
よみがな
hidden
あおうみへとつづ坂道さかみち すれちが二人乗ふたりのりのYシャツ
たよりない背中せなかをギュッとつかんでる その姿すがたきみかさなった

自由じゆうげるチャイムがって 潮風しおかぜびたチャリにきみ
やっと二人ふたりきりになれたとおもったら 夕日ゆうひがさよならをかすように
かえりたくない…」きみかおかさなりう2つのかげ
心臓しんぞうおとひとつになっていた

なつがくればきみおもすよ… 恋愛れんあい純情じゅんじょうすべてだったころ
きみわらぼくはそれだけがたくて精一杯せいいっぱいカッコつけてた
永遠えいえんつづこいじゃなかったけれど 一瞬いっしゅん一瞬いっしゅん全力ぜんりょくあいしてた
いろんな「はじめて」がきみとでよかったなっておもうよ
いまこい原点げんてんはあのころなつ

こいゆめ真剣しんけんはなしするときは仲間なかまそろってこのうみだった…

平日へいじつよりも早起はやおきのSunday カッコつけたくてはじめたSurf-Days
昼頃ひるごろがって「ファミレスへこーか!」
はしかられば無駄むだごしてても その"無駄むだ"こそぼくらの大事だいじなもの
不自由ふじゆう自由じゆうあいだなに大切たいせつことなのかはかっていた

なつがくるとぼくおもすよ… 将来しょうらい友情ゆうじょうなやんでたころ
ともわらえるかぎられた時間じかんなか精一杯せいいっぱいはしゃいでたな
来年らいねん一人一人ひとりひとりべつ未来みらいへ だからこそ1分いっぷん1びょうしむように…
"さよならじゃない" みんなかっていながらも
なんだかさびしかった あのときなつ

あぁ かけがえのない 一度いちどきりしかない あのなつがあったから
現在げんざいぼくがあるんだろう 何年なんねんったってわすれない …わすれない

あわのようにはかな時間じかんなか"名場面めいばめん""にがおも"
そのどれもが真剣しんけんごしたあかし "永遠えいえんのエンドレスサマー"

なつがくればいつもおもこと 恋愛れんあい友情ゆうじょうすべてだったころ
わらない景色けしきとあのおなかぜかれて
じれば そこには17さいなつ