1. 夏草の線路歌詞

「夏草の線路」の歌詞 遊佐未森

1992/11/1 リリース
作詞
工藤順子
作曲
外間隆史
文字サイズ
よみがな
hidden
夏草なつくさもれた線路せんろびた陽射ひざしをあつめて
まるかかとらないまちさそうよ
きりあさいちばん最後さいご貨物列車かもつれっしゃたくした
ぼくたちのはるかな未来みらいはしつづける

何時いつまでもこの場所ばしょ
おなゆめ てたはずなのに
きみいま 靴紐気くつひもきにして

枕木まくらぎ季節きせつかぞえて あおつちへとかえるよ
すこしずつほどける あのとお約束やくそく

ポケットにわすれてた
いしころをたかげてやろう
赤茶あかちゃけたレールのこうへ

なんにもづかずに
とおぎてしまえそうで
何処どこまであるいても
わりのないなつ線路せんろ

夏草なつくさもれた線路せんろひく陽炎揺かげろうゆらして
七色なないろにさざめくちいさなかぜをはじくよ

ぼくのことおもとき
じて 汽車きしゃはしらせて
こえない汽笛きてきくから

このままづかずに
とおぎてしまえなくて
何処どこまであるいても
わりのないなつ線路せんろ
いつでもまなざしは
まぶしすぎるそらえて
どんなにはなれても
とおきみつづ線路せんろ