「瞳水晶」の歌詞 遊佐未森

1992/11/1 リリース
作詞
外間隆史
作曲
外間隆史
文字サイズ
よみがな
hidden
虹色にじいろのアスファルト
水溜みずたまのぞいたら
ぼくこころ空模様そらもよう
どうだろう?

れてゆく坂道さかみち
なだらかにとき
ぼくとおまわりしたくなる
ひと

あめあがりのまちと うらはらに涙色なみだいろ
うそなんてつけないね くちびるがふるえたよ

あした青空あおぞらした
けたいよ瞳水晶ひとみすいしょう

よるになるすこまえ
あいまいな気持きもちのままなら
かえらなきゃよかったよ
うち

あかりをいかけて げてゆくシルエット
ささいなあやまちに 三日月みかづきもにじんでた

あした青空あおぞらした
けたいよ瞳水晶ひとみすいしょう

あのそらぼくはいつも
あこがうつ瞳水晶ひとみすいしょう

あした青空あおぞらした
けたいよ瞳水晶ひとみすいしょう