1. いるよ歌詞

「いるよ」の歌詞 遊助

2014/2/19 リリース
作詞
遊助
作曲
Kosuke Morimoto
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくがここまで出会であった だれかのこころ
ぼく言葉ことばかなった ゆめがあるのかな
「それじゃダメだ」とひとには えらそうなクセに
「もうダメだ」となげいて 部屋へやひと

青春時代せいしゅんじだいばれる日々ひび いてきたけれど
ふとまり かえれば むかしぼく

どんなも どんなときも ありがとうがささえになる
だから今日きょうも これからもずっと そばでうよ
おな時代とき おな日々ひび 偶然ぐうぜんでも出会であったなら
きてる意味いみ がるちから
れるよう ぼくもいるよ

きみがここまで出会であった だれかのこころ
きみいままでかたった あいもあるハズで
あいしてるよ」のこえつよくなる何度なんどでも
突然来とつぜんくわかれで よわくもなる いつでも

臆病おくびょうぼく まだつづみち くじけそうになる
ふとまり 足元見あしもとみれば ぼくにもチャンスが

どんなも どんなときも ありがとうが笑顔えがおくれる
だから今日きょうも これからもずっと そばでうよ
たとえまた どちらかが よわ自分じぶんこまったら
きてる意味いみ がるちから
れるよう ぼくきみ

なにがあろうとのぼ
えなくても 明日あす
いそがなくていい
ゆっくりつよくなろう
そのために出会であったんだろう

どんなひとも きっといつか 自分じぶん見失みうしなうから
だから今日きょうも これからもずっと そばにいるよ
どんなぼくも どんなきみ自分じぶんらしさをるために
ごめんねより ありがとうをうよ
そのために 出会であったから