1. 海の家歌詞

「海の家」の歌詞 遊助

2009/11/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもの浜辺はまべ 季節きせつかまわずおれビーサンいて
ポツンとあるうみいえ わらぶき屋根海風やねうみかぜやさしくわら
ぶらがるハンモック 両足交差りょうあしこうさしてゆりかごのように
ゆっくりながれるミュージック リズムに心地ここちよくあくび

おいで おいで いつでもここにいるから
事忘ことわすれて いてないで
言葉ことばなんて いらね
なにもかもわすれて 一緒いっしょねむろうぜ

革靴かわぐつ ハイヒール 運動靴脱うんどうぐつぬぎな ここはだしさ
まずすな温度感おんどかんじな 気持きもいなら ほら空見そらみ素敵すてきこえけるカナリヤ

やんなきゃいけねーときもある かんがえたくねーこともある
なみのように大小強弱だいしょうきょうじゃくまちまち ちょうどいいなんてその時々ときどき
日々風ひびかぜとともにわるそれ 自分じぶんのちょうどいいをもとめてくつはいて
ここからあるいてくんだ だから今日きょうくらい ゆっくりしてきな

あのかえったあと 今度こんどはスーツつかれたおっちゃんが
本当ほんともうやんなっちゃうよ」って おれ店来みせきていきなりためいき
そのうえにあるハンモックで 口笛吹くちぶえふいてるおれてさ
「おまえはのんでいい」ってさ まあいいさ とりあえずネクタイはずしな

おいで おいで いつでもここにいるから
つよがらないで 下向したむいてないで
よわさをるからつよくなり方知かたしるんだぜ らくだぜ

スーツ Yシャツ くつ下脱したぬぎな だれもいないさ
まずはこの風感かぜかんじな 気持きもいなら ほら空見そらみ素敵すてきこえけるカナリヤ

やんなきゃいけねーときもある かんがえたくねーこともある
なみのように大小強弱だいしょうきょうじゃくまちまち ちょうどいいなんてその時々ときどき
日々風ひびかぜとともにわるそれ 自分じぶんのちょうどいいをもとめてくつはいて
ここからあるいてくんだ だから今日きょうくらい ゆっくりしてきな

なんとかなる なんとかする なんとかしてきたからいまがある

やんなきゃいけねーときもある かんがえたくねーこともある
なみのように大小強弱だいしょうきょうじゃくまちまち ちょうどいいなんてその時々ときどき
日々風ひびかぜとともにわるそれ 自分じぶんのちょうどいいをもとめてくつはいて
ここからあるいてくんだ だから今日きょうくらい ゆっくりしてきな

なやんでるならもうやめな そんなのつづくよ Forever
だからこんなんでいいならこのおれが いつでもさするよその背中せなか