「紅の女神」の歌詞 遊助

2013/4/17 リリース
作詞
遊助
作曲
時森和之
文字サイズ
よみがな
hidden
しぼりたての太陽たいようひろうみひろがるよ
砂浜すなはまたたずんだ女神めがみ
裸足はだしのままでそらを つむじかぜのようにうよ
紅雲くれないぐも ぼくつつみながら

むかしからつたわるはなし わか一人ひとり青年せいねん
くらかおをしてあるみち さきえたうみなげいた

ぼくにはりないもの沢山たくさんありぎて ただなんとなくきているから
最後さいごのこったプライド けたくないこのおもいと 貝殻かいがらめてれたら

しぼりたての太陽たいようひろうみひろがるよ
砂浜すなはまたたずんだ女神めがみ
裸足はだしのままでそらを つむじかぜのようにうよ
紅雲くれないぐも ぼくつつみながら

その 青年せいねんいた ながかみをゆらし微笑ほほえんで
「あなたにとってのプライドは あなたにしかわからないもの」

ひとけじゃないと 僕育ぼくそだてられてきたけど たなきゃいけないことありぎて
なにがウソでなに本当ほんとうまえてくる矛盾むじゅん 砂嵐すなあらしとも綺麗きれいになれ

しぼりたての太陽たいようひろうみからげるよ
砂浜すなはまえてゆく女神めがみ
裸足はだしのままでそらを つむじかぜのようにうよ
紅雲くれないぐも ぼくわらいながら

このまれた意味いみりないとなげ日々ひび
砂浜すなはままれてゆく
裸足はだしのままでこころ さけぶだけでそよぐかぜ
紺碧こんぺき翼広つばさひろげて

しぼりたての太陽たいようひろうみなみ
砂浜すなはま足跡あしあととも
おとずれて女神めがみ こんなぼくにもわらうの?
紅雲くれないぐも ぼくらしながら