「羽」の歌詞 遊助

2009/12/16 リリース
作詞
遊助
作曲
Daisuke“D.I”Imai,遊助
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ今何いまなにしてる ぼくのことにしてる?
にしないでいいよ ぼくなら平気へいき
きみしあわせだけが ぼくしあわせだなんて
ほしねがうだけで Mmm…

時間見じかんみつけて近所きんじょうみよるうみ星空綺麗ほしぞらきれい
かぜやさしくぼくつつんで 波音なみおとこころきずいやして
くれる だれのためじゃなくて 自分じぶんのためにきて
女神めがみのオリオン しんじろ 羽生はねはえた蜃気楼しんきろう

それでもこえかけて
ぼくはここでいつものように両手広りょうてひろげてるから
(ねぇ)ひとつだけかせて
きみ最後さいご最後さいごの「ありがとう」にぼく わらえてたかな?
きみ笑顔羽えがおはねになりほしえた

きみ今何いまなにしてる ぼくのことにしてる?
にしないでいいよ ぼくなら平気へいき
きみしあわせだけが ぼくしあわせだなんて
ほしねがうだけで Mmm…

あれから僕月日重ぼくつきひかさねて のこされたおも
ときがたつほどかがやいて だから大人おとなになりたくなくて
つないで 背伸せのびしてむなしくて ふとぼく
なぜ? なぜ? わかってるんだぜ やさしく微笑ほほえ海風うみかぜ

ゆめでもこえかけて
ぼくはここでいつものように両手広りょうてひろげてるから
(ねぇ)ひとつだけかせて
きみ最後さいご最後さいごの「ありがとう」にぼく わらえてたかな?
きみ笑顔羽えがおはねになりほしひか

ここからよくえる とおくによくひか
いたいんだよベイビー それ以外いがいないよ
ひかりをもらうより ぬくもりかんじたい
あのったのは きみさ Baby Girl!

いつでもこえかけて
ぼくはここでいつものように両手広りょうてひろげてるから
(ねぇ)ひとつだけわせて
きみ最後さいご最後さいごの「ありがとう」はぼく 宝物たからものだよ
きみ笑顔羽えがおはねになりほしひか