1. ミルフィーユ歌詞

「ミルフィーユ」の歌詞 遊吟

2008/11/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
時計とけいはやさをわけにして
イタワリをわすれていたね
相手あいて自分自身じぶんじしんかがみだよ
初心忘しょしんわすれることなく謙虚けんきょ
頑張がんばっていきなさいと
った言葉忘ことばわすれはしないよずっと

はは弱音よわね ちちなみだ
はいになったあいつの言葉ことば
そのすべてが『しあわせ』とべないものでもね
ぎた過去かこがあったからこそ
いまぼくきてゆけるんだね

きずつけることしかできずに
はなれていったひともいたね
いまぼくならわらってはなせるかな?
いままできたことすべてに
意味いみがありみちびかれたの?
いまつらくてもえられるきっと

きる意味いみもろくにらず」
なんてったあいつは何処どこへ?
よくわからん ただえることは
かされているんだね
きずついた過去かこがあったからこそ
だれかのいたみもぬぐえる

くもわるくも出会であいと
おなかずだけ記憶重きおくかさ
『ミルフィーユ』をつく

あやまちばかりかさねながら
きたぼくのミルフィーユ
ちょっとにがめスパイシーな
あじ仕上しあがってるんだろう
もしもぼくがんだとしても
このうたうただれ
このちいさな世界せかい
片隅かたすみにいるならば
ぼく永遠えいえんつづけて
ぼくなかのあいつもきてゆけるんだね