「道しるべ」の歌詞 遊吟

2008/4/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめいかけてまちそらあお雲一くもひとつもない
いつもの父親ちちおや怒鳴どなごえいまとなっちゃとてもなつかしい

かいかぜときはばまれて なみだしたときしたくなるときもあるだろう

そんなときうたってやる きみむまでいてやる
どんななみだいまきみ辿たどくために ながした『みちしるべ』

なにもかもがはじめてのこと不安ふあんだらけ手探てさぐりの世界せかい
なにをやっても空回からまわり そんな自分好じぶんすきになれなくて

もがきながらめながら おおきくなっていくのだろう すこしずつ

何時いつだってぼくうたってやる のどがこわれてもうたってやる
だからどんなたかかべもぶちやぶってやれよ かがや未来みらいへと

かがやほしにもねがいはあるの? 見上みあげた夜空よぞらおもいよとど

だれなにわれたって「なにくそ」ってってわらってやれよ
そしてぼくのところにおいで きみむまでいていいんだよ
ながした『みちしるべ』きみかてになる