1. 流星群の時代歌詞

「流星群の時代」の歌詞 遼花

2008/1/16 リリース
作詞
遼花
作曲
遼花,溝口和彦
文字サイズ
よみがな
hidden
あたらしく出会であっては またわかれる あわただしい ひとごみのなか
ぼくたちはとどまれない だからいまも あがいているんだろう

どんなにつよえらひと永遠えいえんえないのなら
ぼくがいたあかしえてなくなるの? やりきれないおもいだけめたまま

おな時代じだいまれて 出会であえた奇跡きせきいますぐきしめたい
どんなちいさなことでも けてはいけない つながるよろこびを
かんじてほしい めぐりあえるちいさな 奇跡きせき連鎖れんさ

このいし蹴飛けとばしたら つまずくひと いるかもしれない
あのひとかなしむかな? だからぼく想像そうぞうするんだろう

歴史れきしなかで かきされる そんなちいさな存在ものだとしても
てんてんをつなぎ せんえがくように 僕達ぼくたちきている かがやきたくて

かぎりあるときなかつながる奇跡きせきぼくらはかかえてる
つぎなにこるのか だれもわからない 宇宙うちゅうのピンボール
かんじてゆこう めぐりあえるちいさな 奇跡きせき連鎖れんさ

すべてがつながるとき ぼくらはそれを「運命うんめい」なんてぶんだ
まえからってたみたいに

おな時代じだいまれて 出会であえた奇跡きせきを あなたにつたえたい
どんなちいさなことでも けてはいけない きずな意味いみ

かぎりあるときなかかがやきをせる ぼくらは流星群りゅうせいぐん
きざんでゆこう めぐりあえるちいさな 奇跡きせき連鎖れんさ