1. ありのままでそばにいて歌詞

「ありのままでそばにいて」の歌詞 郷ひろみ

2008/10/29 リリース
作詞
川江美奈子
作曲
川江美奈子
文字サイズ
よみがな
hidden
ときはただぼくのために ながれてくはずだった
自分以上じぶんいじょうだれかを おもるなんて

あたらしい五線紙ごせんしには かなしいうたもあるだろう
だけどきみがいるかぎり こえらしうたうよ

きみというそのつよきみというそのはかな
きみというそのやさしさのなか
ぼくづいていく ずっとさがしていく
明日あしたのためできること

いかけてもがくうちに ゆめかたちえて
何処どこかっていたのか えなくなるがある

そんなときぼくはいつも 一本いっぽん見上みあ
なにかあってもぶれない かえみちるんだ

ひかりきみらし あめきみらし
かぜきみはだかにしても ぼく季節きせつになる
ずっとつめている ありのままのきみのこと

きずつかずにあるきたくて かたくなにざした日々ひびもあった
きみ勇気ゆうきたされて くすものはもうなにいから

きみというその笑顔えがお きみというそのなみだ
きみというその奇跡きせき出逢であ
ぼくづいていく かぎりあるいのちあいするためと

ひかりきみらし あめきみらし
かぜきみはだかにしても
ぼく季節きせつになる ずっとあいしていく ありのままのきみのこと
だから安心あんしんして ぼくをゆだねて ありのままでそばにいて