1. もう 誰も愛さない歌詞

「もう 誰も愛さない」の歌詞 郷ひろみ

1994/11/2 リリース
作詞
秋元康
作曲
松本俊明
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとごみに見慣みなれた
背中せなかだけが
ながされてゆく
都会とかいうみ
もう一度いちど きみがそこで
いてぼく べば
いてしまうだろう
そばにいる それだけで
いつも 2きずついた
つよしんうことは
真実しんじつのナイフみたいに…

もう だれあいさない
これ以上いじょう あいせない
見送みおくった このこい
ぼくのすべてだった
過去かこになれ
よるまち 1あるきながら
らずにきついた
出逢であいのみせ
回転かいてんのドアをけて
いるはずもないきみのこと
まだ さがしてしまう
2 やさしさだけで
あいそだつとおもってた
だけど づかないうちに
自分じぶんさえ 見失みうしなってた
おもうそじゃない
記憶きおくまでつみじゃない
いたすぎるサヨナラが
きみのすべてだった
ゆめになれ
もうだれあいせない
(もうだれあいさない)
これ以上いじょう あいせない
(これ以上いじょうあいせない)
見送みおくった このこい
ぼくのすべてだった
過去かこになれ
ラララ ララ
ラララ ララ
ラララ ララ
ラララ ララ
ラララ ララ このこい
ぼくのすべてだった
過去かこになれ
ラララ ララ
ラララ ララ