「若さのカタルシス」の歌詞 郷ひろみ

1980/11/1 リリース
作詞
阿木燿子
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
中途半端ちゅうとはんぱに ぶらさがってる
ぎん枯葉かれはが ぼくのこいだよ
ひとかぜけば舗道ほどうちて
ゆめ一緒いっしょまれてく
える Sunrise Sunshine わかさのカタルシス
ちる Sunset Sunglow こい冒険者ぼうけんしゃたち
あさゆうなに あなたをおもい キリキリむねいたむのに
あなたのまえ素振そぶりもみせず おどけてばかり
ぼくにとっての 不幸ふこう

あかいルージュにまったカップ
そっとくちびる しあててみる
のこりの紅茶こうちゃ ほろにがいあじ
むねせまって むせかえる
ひかる Sunrise Sunshine 生命いのちのカタルシス
しずむ Sunset Sunglow こい放浪人さすらいびと
あさゆうなに あなたの部屋へやまどつめてためいき
あいしすぎると うばれない おんなもいるのさ
ぼくにとっての 不幸ふこう

える Sunrise Sunshine わかさのカタルシス
ちる Sunset Sunglow こい冒険者ぼうけんしゃたち
あさゆうなに あなたをおもい キリキリむねいたむのに
あなたのまえ素振そぶりもみせず おどけてばかり
ぼくにとっての 不幸ふこう