「季節風」の歌詞 野口五郎

1977/7/21 リリース
作詞
有馬三恵子
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなにあいしてみたところで
みのるあてないこいだから
あなたのしあわせおもうならば
ここでえるしかない
なぜ出逢であったのだろう
ものわぬ過去かこきずにひかれたみたいに
なぜくら世界せかいちが二人ふたりして
名乗なのりあったのか
ぎゆくかぜ いてるがある

ならんであるけばひとには
たぶん恋人こいびとにもえる
二人ふたりわかれをげるために
こんな街角まちかどにいる
もう二度にど出来できないさ
どまりなのをっておぼれたあのこい
もうあなたしかないぼくのみじめさもおわ
今日きょうかぎり
ぎゆくかぜ いてるがある

いつ今日きょういたみを
なつかしいかおおもせるのか
ぎゆくかぜ につくがある